そもそも特殊な車両とは

 そもそも「特殊な車両」とは、車両の構造自体が幅・高さ・長さ・重さなどの、一定の数値を超えてしまっている車両や、貨物を積載した状態が幅・高さ・長さ・重さなどの、一定の数値を超えてしまっている車両をいいます。
 この一定の数値を「一般的制限値」といい、どれか1つでも超えてしまうと「特殊車両通行許可申請」をして許可がでなければ道路を走行することは出来ません。
 下記の一般的制限値に1つでも当てはまれば、「特殊車両通行許可申請」の必要な車両に該当します。

【幅】

 2.5メートルを超える

【長さ】

 12メートルを超える

【高さ】

 ・ 高速・指定道路 … 4.1メートルを超える
 ・ その他の道路  … 3.8メートルを超える

【重さ(総重量)】

 ・ 高速・指定道路 … 25トンを超える
 ・ その他の道路  … 20トンを超える

【軸重】

 10トンを超える

【隣接軸重】

 ・ 隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満 … 18トンを超える
 ・ 隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上
   かつ隣り合う車軸の軸重が9.5トン以下 … 19トンを超える
 ・ 隣り合う車軸の軸距が1.8メートル以上 … 20トンを超える

【輪荷重】

 5トンを超える

【最小回転半径】

 12メートルを超える

Copyright(c) 2013 CTC行政書士法人 All Rights Reserved.
Top