特殊車両通行許可申請の報酬額

申請車両分の自動車検査証、目的地・出発地の所在地をFAX等でお送りいただければ、すぐにお見積り致します。お見積りは無料で致します。まずは、お気軽にお問合せ下さい。

1.新規申請:12,500円 

●業務内容

【単車(トラック、ラフタークレーン等)】1台または、【連結車(トラクタ&トレーラー等)】1セットの車両で、

2経路(出発地~目的地までの往復)当たりの料金となります。

なお、申請書に添付が必要となる目的地等の地図の作成はサービスで行います。

※ 単車とは、トラック、ラフタークレーン等の車両を言います。

※ 連結車とは、トラクタ&トレーラー等の車両を言います。

 

●複数台同時申請の場合は、さらにお安くなります!

① 単車台数追加 :+5,000円 (包括申請で【単車】2台目以降1台につき)

★見積例【単車(トラック、ラフタークレーン等)】(オンライン申請)

トラック2台を包括申請した場合…

基本料金12,500円+単車1台追加5,000円 = 17,500円

新規申請を2申請するよりも、7,500円お得になります。

 

② 連結車台数追加:+8,000円 (包括申請で【連結車】2セット目以降1セットにつき)

★見積例【連結車(トラクタ&トレーラー等)】(オンライン申請)

トラクタ&トレーラ2セットを包括申請した場合…

基本料金12,500円+連結車1セット追加8,000円 = 20,500円

新規申請を2申請するよりも、4,500円お得になります。

※ 包括申請とは、車種・通行経路・積載貨物及び通行期間が同じ場合に、複数台をまとめて申請することを言います。

※ 車種とは、車両の車軸の数と組合せをいい、車種が同じ車両同士なら包括申請がすることができます。

 

2.更新申請:10,000円  

●業務内容 申請内容が前回と同一場合

 

3.変更申請:10,000円  

●業務内容 車両の変更、経路の変更、名称の変更等

※ 台数・経路の追加は新規申請となります。

 

4.窓口申請:15,000円  

オンライン申請ができず直接行政庁の窓口に提出する場合の書類作成料となります。

なお、窓口申請を当事務所で行う場合には、別途出張料が掛かります。

※ オンライン申請ができない場合とは、目的地までの経路が県道や市道のみとなり、国道事務所が管理している道路を通行していない場合等は、オンライン申請をすることができません。

 

5.オプション等

オプション料金額表(税抜き)

項目

金 額

備考

割引 台数割引 応相談 同一目的地への申請台数が10台以上となる場合
オプション 目的地追加 +3,000円 3経路目より、1経路につき

軌跡図

作 成

3,000 1台につき※道路管理者に求められた場合

荷姿図

作 成

3,000 1台につき※道路管理者に求められた場合
出張料 提出先により変動 窓口申請の場合

 

6.法定費用

● 道路管理者への申請手数料について

特殊車両通行許可申請を行う場合、当事務所へのご依頼報酬以外に、申請手数料が必要となります。

手数料の算出方法としましては、【申請車両台数×(申請経路数)×200円】となります。

申請車両台数は、トラックまたはトラクタの申請台数となります。

★ 費用例)申請車両台数が4台・6つの目的地を往復申請する場合

6つの目的地を往復申請すると、申請経路数は12経路となります(片道の場合は6経路)。その場合の計算は、4台×(12経路)×200円=9,600円となります。

※ オンライン申請の場合、事業者様に対して郵送されてくる納付書を使用して、手数料の納付をしていただくことになります。

 

toiawase

Copyright(c) 2013 CTC行政書士法人 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析
Top