一般的制限値とは

 「一般的制限値」とは、道路を走行できる車両の幅・高さ・長さ・重さ等の最高限度の数値のことをいいます。
 その最高限度の数値のどれか一つの項目でも超える場合は、特殊車両通行許可が無ければ道路を走行することができません。
 下記が「一般的制限値」となります。

【幅】

 2.5メートル

【長さ】

 12メートル

【高さ】

 ・ 高速・指定道路 … 4.1メートル
 ・ その他の道路  … 3.8メートル

【重さ(総重量)】

 ・ 高速・指定道路 … 25トン
 ・ その他の道路  … 20トン

【軸重】

 10トン

【隣接軸重】

 ・ 隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満 … 18トン
 ・ 隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上
   かつ隣り合う車軸の軸重が9.5トン以下 … 19トン
 ・ 隣り合う車軸の軸距が1.8メートル以上 … 20トン

【輪荷重】

 5トン

【最小回転半径】

 12メートル

Copyright(c) 2013 CTC行政書士法人 All Rights Reserved.
Top